July 11, 2020 / 11:58 PM / 25 days ago

米が仏のデジタル課税に対抗措置 25%の追加関税、180日間猶予

[ワシントン 10日 ロイター] - 米トランプ政権は10日、フランスのデジタル課税への対抗措置として化粧品やバッグなどを含む130億ドル相当の仏製品に25%の追加関税を課すと発表した。ただ実施まで180日間の猶予を設けた。

米通商代表部(USTR)は関税の開始を遅らせることで、経済協力開発機構(OECD)での議論を含め、問題解決のためのさらなる時間を確保できると説明した。フランスが徴収を始めていないことも考慮した。

フランスはグーグル、フェイスブック、アップルなど大手米IT企業に対する3%のデジタル課税の導入を決定。これを受けて米国は通商法301条に基づく調査を行い、米企業が差別的な扱いを受けていると結論付けた。

OECDではデジタルサービス課税に関する国際合意を目指して協議してきたが、結論は出ていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below