July 23, 2018 / 1:01 AM / 3 months ago

米関税、ドイツ経済に今年最大200億ユーロの影響=シンクタンク

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツのシンクタンク、IMKのディレクターを務めるグスタフ・ホルン氏は、トランプ米大統領の関税政策により、ドイツ経済に今年、最大200億ユーロ(234億4000万ドル)のマイナス影響が生じるとの試算を明らかにした。

同氏は独週刊誌シュピーゲルに対し、「米関税政策はドイツの今年の収入を最大200億ユーロ押し下げる」と述べ、「トランプ氏の政策がなければ、輸出の伸びはより大幅になる」との見方を示した。

また、企業は輸出の見通しが良好なら投資を拡大する理由になるが、足元はそうした状況にはないと指摘。その結果、収益や人員の追加が潜在的に可能な水準を下回っているとの見方を示した。

さらに、貿易摩擦が一段と激化すれば輸出や投資が大きく落ち込むとし、「そうなれば典型的な景気悪化になる」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below