March 15, 2018 / 12:32 AM / 9 months ago

保護主義、適切な対応ではない=米輸入制限でメルケル独首相

 3月14日、ドイツのメルケル首相は、米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入制限措置をめぐり、欧州連合(EU)が適用除外を確保しようと努力するとの見通しを示し、保護主義は国際貿易において適切な対応ではないと述べた。首相選出選挙で手を振る同首相。ベルリンで撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は14日、米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入制限措置をめぐり、欧州連合(EU)が適用除外を確保しようと努力するとの見通しを示し、保護主義は国際貿易において適切な対応ではないと述べた。

首相は「われわれは(輸入制限の適用除外を)得ようと努めるだろう」と指摘。「世界貿易機関(WTO)の協定に基づき、公正な貿易を望んでいると常に表明している」とした上で、「欧州、ドイツ、そして個人的な見解では、保護主義は適切な答えではない」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below