June 11, 2018 / 6:16 PM / 6 months ago

IMF専務理事「世界経済に暗雲」、G7での貿易対立受け

[ベルリン 11日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日、カナダで先週末に開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)で通商政策を巡り米国と6カ国の意見が対立したことを受け、世界経済に暗雲が立ち込めていると懸念を示した。

ラガルド専務理事は、ドイツのメルケル首相らとベルリンで共同会見し、貿易を阻害する措置を受けて景況感が悪化していると指摘した。

また世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長は「緊張の高まりを止める必要がある。報復のプロセスは有用ではない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below