October 2, 2019 / 3:07 AM / 19 days ago

ロス米商務長官、今週インド訪問へ 貿易問題で合意に期待

 10月1日、インドの政府関係者や業界筋によると、ロス米商務長官(写真)が今週訪印し、政府首脳と会談するのに伴い、両国が農産品や医薬品の貿易を巡り合意するとの期待が高まっている。5月にニューデリーで撮影(2019年 ロイター/Anushree Fadnavis)

[ニューデリー 1日 ロイター] - インドの政府関係者や業界筋によると、ロス米商務長官が今週訪印し、政府首脳と会談するのに伴い、両国が農産品や医薬品の貿易を巡り合意するとの期待が高まっている。

米印間では関税措置などを巡り対立が続いている。モディ首相による9月の訪米時に限定的な合意が発表されるとみられていたが、実現しなかった。

あるインド政府関係筋は、一部の農産品や後発医薬品に関する問題の解決に取り組んでいるとし、「数量としては小さいかもしれないが、金額面で互恵的となる、簡易版の合意に達することが狙いだ」と話した。

協議されている案には、インドが米農産品への関税を一部引き下げる一方、米国がインド製医薬品の認可を加速する内容が盛り込まれている。

ロス長官は3日にゴヤル商工相と会談する見通し。

米政府は6月、一般特恵関税制度(GSP)対象国からインドを除外。これを受けてインドは、アーモンドやリンゴ、クルミなど米国からの一部輸入品に報復関税を導入した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below