April 30, 2019 / 10:07 PM / in 22 days

日米通商交渉、農産品で早期合意要求も=米農務長官

[ワシントン 30日 ロイター] - パーデュー米農務長官は30日、日米通商交渉について、日本の農産品市場に関し他国と同程度のアクセスを得るため早期の合意を求める可能性があると述べた。

狭い範囲での合意を、後に包括的な通商協定に拡大することができるとの見方も示した。

農務長官は記者団に対し「米国は農業に関するわれわれの要求の迅速な解決を求めている」とし、そうした措置を「一時的にとった上で、より長い時間をかけて具体化することができるかもしれない」と述べた。

また、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表が早期解決に関心を示しているとした上で、「われわれが懸念する農業分野の問題を解決する合意は早期に実現が可能だと思う」と語った。

長官はさらに、米国の農家は日本の農産品市場で環太平洋連携協定(TPP)参加国と同程度のアクセスを得るべきだと主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below