May 1, 2018 / 3:18 AM / a month ago

米大統領、カナダ・EU・メキシコへの鉄鋼・アルミ関税猶予を延長

[ワシントン 30日 ロイター] - 米ホワイトハウスは30日、トランプ大統領が、カナダ、欧州連合(EU)、メキシコに対する鉄鋼・アルミニウム関税導入に関する決定を6月1日に先送りすることを決めたと発表した。

 4月30日、米ホワイトハウスは、トランプ大統領が、カナダ、欧州連合(EU)、メキシコに対する鉄鋼・アルミニウム関税導入に関する決定を6月1日に先送りすることを決めたと発表した。写真はメキシコのシウダー・フアレスにある製鉄工場で3月撮影した線材(2018年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

ブラジル、オーストラリア、アルゼンチンについては、恒久的に関税の適用除外とすることで合意に至った。

決定先送りは、一時的な適用除外措置が5月1日の米東部時間午前0時01分(日本時間午後1時01分)に期限が切れる数時間前に発表された。

ホワイトハウスは声明で、ブラジル、オーストラリア、アルゼンチンとの合意の詳細は近くまとめられるとし、具体的な内容は明らかにしなかった。

ホワイトハウスは「カナダ、メキシコ、EUとの交渉期限を30日間延長する。交渉では、輸入の制限や他国を経由した輸出の阻止、また国家安全保障の観点から、割当枠の設定に焦点を当てている」と説明した。

関係筋によると、6月1日以降の関税猶予措置の延長はないという。

トランプ大統領は3月23日、鉄鋼とアルミニウムにそれぞれ25%、10%の追加関税を課す輸入制限を発動。ただカナダ、メキシコ、ブラジル、EU、オーストラリア、アルゼンチンには関税の適用を一時的に猶予した。

オーストラリアのターンブル首相とチオボー貿易・投資相は適用除外を歓迎するとコメント。今後も米国とダンピング阻止に向けて協力する姿勢を示した。

トランプ大統領は今回、韓国については鉄鋼製品を恒久的に適用除外とした。輸出を2017年の水準から約30%削減する数量制限に合意したことが背景。アルミは関税対象となる。

英政府報道官はEUの関税適用除外の延長は「ポジティブ」だが、英鉄鋼・アルミ業界はセーフガードが必要との考えを示した。

カナダとメキシコについては、現在続いている北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が関連付けられている。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below