June 25, 2019 / 1:50 AM / 25 days ago

メキシコ、不法移民対策で米国境に約1万5000人派遣

[メキシコ市 24日 ロイター] - メキシコ軍のトップは24日、米国への入国を試みる不法移民を取り締まるため、米国との国境沿いに1万5000人近くの兵士と「国家警備隊」メンバーを派遣したと明らかにした。

メキシコは米国との合意に基づき、第3国からメキシコ経由で米国を目指す移民の抑制を求められている。トランプ米大統領はメキシコが十分な対策を講じなければ、同国製品に追加関税を課す考えを示している。

週末にメキシコ軍が移民抑制で手荒な手段をとったと伝えられる中、軍トップ、Luis Cresencio Sandoval氏は定例会見で、移民管理を担う政府職員を支援するために軍が必要だったと主張。メキシコ南部のガテマラ国境に6500人を派遣したほか、米国との国境には1万5000人近くの兵士と国家警備隊を派遣したとし、移民当局の職員だけでは対応しきれなかったと説明した。

国家警備隊は、国内の麻薬組織撲滅のため新たに立ち上げられた部隊で、ロペスオブラドール大統領の看板政策。移民対策で国境警備隊が活用されることには、ロペスオブラドール大統領率いる左派政党、国家再生運動(MORENA)内でも批判がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below