for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米関税は米50州全てに影響、両国消費者に打撃=メキシコ経済相

6月3日、メキシコのマルケス経済相(写真)は、トランプ米大統領が不法移民の対応を巡りメキシコに課すと発表した追加関税は、米国の50州全てに影響を及ぼし、両国のバリューチェーンや消費者、貿易関連の職に打撃を与えると指摘した。メキシコシティ―で5月撮影(2019年 ロイター/Henry Romero)

[メキシコ市 3日 ロイター] - メキシコのマルケス経済相は3日、トランプ米大統領が不法移民の対応を巡りメキシコに課すと発表した追加関税は、米国の50州全てに影響を及ぼし、両国のバリューチェーンや消費者、貿易関連の職に打撃を与えると指摘した。

メキシコのビジャロボス農業・農村開発相は、マルケス氏や他の高官との共同声明で、米国が検討する関税による両国の農業分野への経済的損失は1カ月に1億1700万ドルに達するとの見方を示した。

どの程度の関税でこの規模の打撃が及ぶかは明確でない。

トランプ大統領は前週、中米諸国などからメキシコ経由で米国に入る不法移民の流れを止める対策をメキシコが講じなければ、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税を課すと発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up