July 9, 2019 / 6:34 AM / 8 days ago

UPDATE 1-中国・メキシコ製の加工構造用鋼、国内生産者に悪影響=米商務省

(メキシコ側の反応を加えました)

[ワシントン/メキシコ市 8日 ロイター] - 米商務省は8日、中国とメキシコから輸入される加工構造用鋼が国内生産者に悪影響を及ぼしているとし、輸入業者から保証金を徴収するよう税関・国境取締局(CBP)に指示すると発表した。

米国際貿易委員会(ITC)は3月、中国、メキシコ、カナダから輸入される加工構造用鋼が国内生産者に悪影響を及ぼしているとの見解を示していた。

商務省は、カナダからの輸入については不当な補助を受けていないと判断した。

商務省は11月19日ごろに最終決定を下す見通し。

一方、メキシコのセアデ外務次官は、メキシコ製加工構造用鋼に対する米国の関税は「新たな問題」だとし、国内の鉄鋼メーカーを積極的に支援する必要があると発言。

ただ、一部のメキシコ製鉄鋼製品に関する米政府の補助金認定は、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の批准を危うくするものではないと述べた。

メキシコ政府は8日、メキシコ製加工構造用鋼を巡る米政府の相殺関税調査は「通常の」反ダンピング調査であり、トランプ米大統領が以前に発動をちらつかせた対メキシコ関税とは関係がないとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below