March 8, 2018 / 5:45 PM / 2 months ago

トランプ氏が輸入関税方針堅持へ、特定国の税率に柔軟性

[ワシントン 8日 ロイター] - トランプ米大統領は8日、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の輸入関税を課す方針を堅持すると表明した。ただ、特定国の税率設定に柔軟性を持たせる考えを示した。

この日の米東部時間午後3時半(日本時間9日午前5時半)に発表するとしている。

トランプ氏はホワイトハウスでの閣議の冒頭、記者団に「当初は10、25(%)の線を維持する。対象国によって(税率の)上げ下げを決めるほか、一部の国を対象から外したり、加えたりする権利を維持する」と述べた。

北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が妥結すれば、カナダとメキシコを対象国から外す公算が大きいとし、オーストラリアを名指しし他国についても検討中と説明した。

公正で柔軟な姿勢をとりつつ、米国の労働者を保護するとした。

辞任する国家経済会議(NEC)のコーン委員長になお好感を抱いているとし、ホワイトハウスに戻る可能性があるとの認識も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below