July 30, 2019 / 2:49 AM / 4 months ago

米議員団、グッドイヤー・メキシコ工場の労働環境に懸念

 7月29日、複数の米民主党下院議員は、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーにメキシコの工場視察を拒否されたと批判した。写真はマサチューセッツ州にあるグッドイヤーの施設で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 29日 ロイター] - 複数の米民主党下院議員は29日、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー(GT.O)にメキシコの工場視察を拒否されたと批判した。また、同工場の劣悪な環境は、米国・メキシコ・カナダ間の貿易協定成立の鍵となるメキシコの労働改革に対する疑問をもたらしていると指摘した。

トランプ政権と貿易協定について協議している9人の下院民主党議員のうち4人が、グッドイヤーのリチャード・クレーマー最高経営責任者(CEO)に宛てて懸念を表明する書簡を送付した。

下院歳入委員会・貿易小委員会のブルメナウアー委員長ら4人は書簡で、「グッドイヤーのような米国の象徴的企業がメキシコの労働者に対して国際的に認められ、メキシコの法律で定められた労働者の基本的な権利を提示していないことに失望している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below