November 21, 2019 / 11:01 PM / 21 days ago

新NAFTA巡る交渉進展、年内の批准可能=米民主党

[ワシントン 21日 ロイター] - 米民主党は21日、北米自由貿易協定(NAFTA)の後継となる新協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」について、トランプ政権との意見の対立が一部解消されたとし、年内の批准は可能だとの見解を示した。

民主党のペロシ下院議長はライトハイザー通商代表部(USTR)代表や下院歳入委員会のニール委員長(民主党)と1時間以上にわたって会談。記者団に対し「見解の差が縮まりつつある」と述べた。

同議長のスポークスマンは「USTRが米国の労働者のために合意事項を執行可能にすれば、USMCAに関する合意は可能だ」と述べた。

USMCAを巡っては、米国の雇用が保護されないとの懸念が労働組合から出ている。

トランプ大統領はUSMCAの批准を優先課題に掲げており、民主党が審議を遅らせていると繰り返し批判している。

ニール委員長は「執行を含め、5つ(の問題)のうち少なくとも3つの問題について大幅な進展があった」とし、引き続き年内の批准を目指す考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below