December 24, 2019 / 4:16 PM / a month ago

メキシコ企業、USMCAの微修正による輸出鈍化を懸念

[メキシコ市 24日 ロイター] - メキシコの業界団体によると、メキシコ企業は、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定で、紛争解決メカニズムの微修正が、輸出を抑制するために使われる可能性を懸念している。

1994年のNAFTAに代わる新協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」は今月、メキシコでより厳しい労働基準を確保するために行われた数カ月間にわたる協議の後、条件を改定して合意された。

米国は、メキシコが不当に米国の競合企業より安売りしないようにするため、メキシコの労働慣行を監視する検査官の派遣を提案していた。メキシコはこの提案に抵抗し、両国は最終的にメキシコの労働法順守を監視する委員会設置を付属文書にすることで合意した。

しかし、メキシコ企業は委員会を通じた紛争の解決方法が、輸出活動を妨げる可能性を懸念している。

USMCAの付記では、委員会は貿易を制限するものではないが「原告が(苦情を)被告人に申し立てると、商品入力に関する税関口座の最終決済を遅らせる可能性がある」としている。

メキシコの雇用主連合コパルメックスの労働委員長のロレンツォ・ロエル氏は「原告は被告側の輸出を阻むことができるので、われわれは解釈がどうなるのかを待っている」と話し、「懸念事項の一つだ」と述べた。

ロエル氏は、メキシコの輸出を維持するために紛争解決メカニズムが過去に使われたと述べ、監視委員会の設置を求めた。

メキシコ経済省は、企業が悪用される対象にならないよう、米国とカナダと協力して取り組むと指摘。「われわれは民間部門とともに、労働省と監視システムを持つ」とロイターに語った。

2017─18年のメキシコのUSMCA主要交渉者であるケネス・スミス氏はツイッターで「委員会の決定前に、労働違反で告発された企業に対して国境措置が課される」リスクがあると述べた。スミス氏は、米国とカナダの最終的な批准を待っているUSMCAの修正は、定期的な最初の改定で是正されるべきだと述べた。

メキシコの企業団体であるコンカミンは、紛争委員会の規則を定めることについてより注意を払うことができたと述べた。フランシスコ・セルバンテス代表は「多くの(USMCAの)章は大急ぎで仕上げられ、その解釈は100%明確ではない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below