for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ワクチン特許巡るWTO交渉、生産上の障害除去が目的=USTR代表

[ワシントン 12日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のタイ代表は12日、世界貿易機関(WTO)での新型コロナワクチン特許権の一時放棄を巡る交渉について、ワクチン生産拡大の障害を取り除くことが目的との認識を示した。

バイデン米大統領は、WTOで提案されたワクチン特許権の一時放棄に支持を表明。国際的な合意に向けたWTOでの交渉を後押しした。一方、ドイツやフランスなど、欧州連合(EU)の一角は反対姿勢を示している。

タイ氏は上院財政委員会の公聴会で、WTOの交渉について、他国による米国の技術「盗用」の防止というよりは、新型コロナ終息によって人々の生活にポジティブな影響をもたらす方策を見いだすことが目的と強調した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up