March 28, 2018 / 7:06 AM / 4 months ago

米がWTOを離脱する兆しない、貿易戦争回避へ交渉中=事務局長

[ジュネーブ 28日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長は、米国がWTOから離脱する兆しはみられず、世界規模の貿易戦争を回避するための話し合いが続いていると語った。BBCによるインタビュー内容の一部が28日放送された。

 3月27日、世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長は、米国がWTOから離脱する兆しはみられず、世界規模の貿易戦争を回避するための話し合いが続いていると語った。写真は記者会見を行う同事務局長。ニューデリーで20日撮影(2018年 ロイター/Adnan Abidi)

米国のトランプ政権は関税引き上げを相次いで発表し、同盟国を含め諸外国を混乱させている。

トランプ政権はまた、WTOの紛争処理機関の判事任命に反対し続けているため、紛争処理が滞る危機をもたらしている。

アゼベド事務局長はBBCのインタビューで「私は米国がWTOから離脱する兆しを全く認識していない」と発言。

WTOが米国抜きで存続するための「プランB」を考えるべきかとの問いには、そのような状況が起こり得ると想定させる情報は何も聞いていないとし、「トランプ政権内のどのコンタクト先もWTO加盟継続を保証している」と述べた。

アゼベド氏は、米関税導入の合法性を巡る問題はWTOの紛争パネルのみによって解決できるが、そのような一方的な措置がもたらす損害は他国の報復措置によって一段と速く実感され、世界規模の貿易戦争につながる恐れがあると指摘。「世界規模の貿易戦争にはまだ至っていないが、そこに向かう最初の動きがみられるのは確かだ」と述べた。

また、トランプ政権関係者を含めて誰もがこれを小さな問題だとは考えておらず、人々は事態の深刻さと世界経済への影響を理解し始めていると指摘。貿易戦争を回避するため全力を尽くす考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below