for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WTOは「窒息死」の危機に、退任した上級委員が米国を暗に批判

 5月28日、世界貿易機関(WTO)の上級委員会メンバーを退任したリカルド・ラミレス・ヘルナンデス氏は、退任に伴うスピーチの中で、WTOはゆっくりと窒息死に向かっていると述べた。写真はWTOのロゴ。ジュネーブのWTO本部で2016年6月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 28日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)の上級委員会メンバーを退任したリカルド・ラミレス・ヘルナンデス氏は、退任に伴うスピーチの中で、WTOはゆっくりと窒息死に向かっていると述べた。同氏の後任選出が米国に阻止されていることを念頭に、トランプ米政権を暗に非難した形だ。

ラミレス・ヘルナンデス氏は各国間の貿易紛争を巡る最終審を担当する上級委員会の委員を2期務めた。昨年に退任してから米国が同氏を含む委員の後任選出プロセスを阻止しており、WTOを危機に陥らせている。

同氏は「この機関に窒息死はふさわしくない。廃止を望むのか、存続を望むのかを決めなくてはならない」と述べた。

WTOのカール・ブラウナー事務局次長はラミレス・ヘルナンデス氏を紹介する際のスピーチで、危機の解消は見通せないと指摘。WTOが上級委員なしでもやっていけると考えるのは思い違いだと付け加えた。

上級委員会は通常、7人の委員で構成されるが、トランプ政権が新たな選出に拒否権を行使しているため、現在は4人のみが残っている。1人は9月に再任の期限を迎え、2人は来年に退任する予定となっている。

トランプ政権は「不公正な」扱いを受けているとして、WTOに厳しい姿勢をとっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up