for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏、欧州からの渡航制限で解除時期検討 数日内に発表も

7月15日、バイデン米大統領(写真)は、欧州から米国に入国するほとんどの外国人に対する渡航制限について、解除できる時期を検討していると述べた。ホワイトハウスで撮影(2021年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 15日 ロイター] - バイデン米大統領は15日、欧州から米国に入国するほとんどの外国人に対する渡航制限について、解除できる時期を検討していると述べた。会談したドイツのメルケル首相がこの問題を提起した。

大統領は新型コロナウイルス担当チームからの報告を待っており、「数日以内」に見通しを発表できる可能性があるとした。

制限の対象になっているのは英国、欧州域内の自由な移動を定めた「シェンゲン協定」の加盟26カ国、アイルランド、中国、インド、南アフリカ、イラン、ブラジルからの米国人以外の大半の渡航。航空会社などはバイデン政権に制限の解除を求めている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up