June 15, 2020 / 10:38 PM / 21 days ago

海外勢の米国債投資、4月は2カ月連続の売り越し

[15日 ロイター] - 米財務省が15日発表した4月の対米証券投資統計によると、海外投資家による米国債投資は、前月に続き売り越しとなった。ただ、売り越し額は過去最高を記録した3月から減少した。

海外投資家の売り越し額は1767億0300万ドル。3月は2989億1000万ドルの売り越しだった。

COVID─19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミック(世界的大流行)を背景に投資家の「質への逃避」が進む中、米10年債利回りは4月21日に0.543%と同月の最低水準を付けた。4月末時点は0.625%だった。

TDセキュリティーズの金利ストラテジスト、ジェンナディー・ゴールドバーグ氏は、海外投資家の売り越しについて、3月に資金調達を急いだが、4月には政府の新型コロナ対策強化の影響で動きが弱まったことがうかがえると指摘。「市場が混乱している際には通常、最も流動性が高い資産が売られる」と語った。

4月末時点の海外投資家による米国債保有高は6兆7650億ドルで、3月末時点の6兆8100億ドルから減少した。

日本の保有高は、過去最高だった3月から57億ドル減少し、1兆2660億ドルとなった。海外勢の米国債保有高としては最大を維持した。

保有高第2位の中国は、前月から88億ドル減の1兆0730億ドルだった。

サウジアラビアの保有高は原油市場の急落を背景に、1253億ドルと3月の1591億ドルから大幅に減少した。

海外勢は米国債を売り越す一方で、米社債を109億4000万ドル買い越した。3月は32億1000万ドルの買い越しだった。

4月の海外勢による米株式投資は56億1000万ドルの売り越し。3月は70億9000万ドルの買い越しだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below