for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正(15日配信記事)-海外勢の2月米国債売り越し、2020年4月以来の大きさ

(15日配信の記事で、英文の訂正により、見出しと第1段落の「2018年12月」を「2020年4月」に訂正します。)

4月15日、 米財務省が発表した2月の対米証券投資統計によると、海外投資家は米国債を654億6000万ドル売り越した。米財務省で2008年9月撮影(2021年 ロイター/Jim Bourg)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米財務省が15日発表した2月の対米証券投資統計によると、海外投資家は米国債を654億6000万ドル売り越した。売り越し額は2020年4月(訂正)以来の大きさ。景気回復に伴う利回り上昇観測を背景に米国債が売られた。

1月も491億3000万ドルの売り越しで、過去12カ月、9カ月で資金流出超となっている。

海外勢の米国債保有額は7兆0980億ドルで、前月の7兆1190億ドルから減少した。

TDセキュリティーズのシニア金利ストラテジスト、ジェナディー・ゴールドバーグ氏は「多くの投資家が金利動向に神経質になっている。金利上昇観測で米国債を売っている」と指摘した。

2月末の米10年債利回りは1.456%と2月初旬の1.077%から上昇した。

国別では、日本の米国債保有額が1兆2580億ドルで最大。ただ、1月の1兆2760億ドルからは減少した。3月の年度末を前に持ち高を調整したとの指摘がある。

中国の保有額は1兆1000億ドル。1月は1兆0900億ドル。

海外勢による米国株投資は139億9000万ドルの買い越し。1月は118億6800万ドルの買い越しだった。買い越しは10カ月連続。

米社債は差し引き144億9000万ドルが流入。1月も188億7000万ドルの流入超だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up