February 6, 2019 / 7:26 AM / 16 days ago

米民主党、一般教書に反論演説 政府閉鎖を批判

 2月5日、米民主党のステイシー・エイブラムス氏(写真)は、トランプ大統領の一般教書演説に対する反論演説を実施した。アトランタで昨年11月撮影(2019年 ロイター/Lawrence Bryant)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米民主党のステイシー・エイブラムス氏は5日、トランプ大統領の一般教書演説に対する反論演説を実施した。

同氏は、政府機関の一部閉鎖を「大統領が仕組んだ人気取りのための行為」と批判。勤労世帯や中間層を経済面で支えるべきだと訴えた。

エイブラムス氏は45歳。昨年11月のジョージア州知事選に米国初のアフリカ系女性知事を目指して出馬したが、僅差で敗れた。

今回の反論演説は、大統領を控えめに攻撃しながら、政策を提言する内容で、民主党の次期大統領候補が選挙運動の参考にする可能性がある。

アトランタで演説した同氏は、政府機関閉鎖について「あらゆる点で公正さを否定するものであり、国民だけなく、国民の価値観も見捨てた」と主張。

「私は大統領の対応には非常に失望しているが、もう失敗はしてほしくない。ただ大統領に真実を伝える必要がある。自分の職務とアメリカを特徴づけている類まれな多様性を尊重すべきだ」と訴えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below