Reuters logo
アフガンでの米国の存在、将来は状況に応じ判断=駐留米軍司令官
2017年8月22日 / 04:23 / 1ヶ月前

アフガンでの米国の存在、将来は状況に応じ判断=駐留米軍司令官

 8月21日、アフガニスタン駐留米軍トップのニコルソン司令官(写真)は、アフガンにおける将来的な米軍の存在について「恣意的な予定表ではなく状況」に応じて判断されるとの考えを示した。写真はカブールで4月撮影(2017年 ロイター/Omar Sobhani)

[ワシントン 21日 ロイター] - アフガニスタン駐留米軍トップのニコルソン司令官は21日、アフガンにおける将来的な米軍の存在について「恣意的な予定表ではなく状況」に応じて判断されるとの考えを示した。

同司令官は声明を発表し、「今回の新戦略は、タリバンが軍事的に勝利できないことを意味している。今こそ暴力を放棄し、和解すべきときだ」と述べた。

トランプ米大統領は21日夜、新たなアフガン戦略を発表した。駐留米軍の性急な撤退に反対の立場を示し、増派に道を開いた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below