May 29, 2018 / 5:33 PM / 3 months ago

米商務省、自動車・部品輸入巡り7月に公聴会

[ワシントン 29日 ロイター] - トランプ米政権が海外で生産された自動車に最大25%の関税を課す構えを示したことを受け、米商務省は29日、自動車・部品輸入の国家安全保障リスクを巡る公聴会を開くと公表した。

同省の通知によると、書面コメント提出が6月22日まで、反論は7月6日まで募集する。公聴会は同月19─20日、ワシントンで開く予定だ。

想定される国防面の要件を満たすために新たな自動車技術の革新が必要か、生産の国外移転で顕著な失業や歳入減が生じるなどについてコメントを求めるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below