for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ米大統領、自動車大手首脳と会談 新規工場建設強く要請

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスで米自動車メーカー大手3社の首脳と会談し、米国での生産および雇用の拡大を求めた。

会談にはゼネラル・モーターズ(GM) のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)、フォード・モーター のマーク・フィールズCEO、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA) のセルジオ・マルキオーネCEOが出席。

トランプ大統領は会談の冒頭、米国内に新規の自動車工場が建設されることを望むと述べた。

また記者団に対し「自動車をはじめ、米国内に多くの工場が建設されるよう強く推進していく」とし、「こうした動きが出ている」とした。

GM、フォード、フィアット・クライスラーの3社はそろって、米国内での新規雇用や投資を発表しているが、メキシコへの投資も継続している。

大統領はこれまで、自動車メーカーによるメキシコなどでの海外生産を激しく批判。輸入車には35%の関税を課す構えを見せている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up