for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国防費、核や兵器開発費増額 トランプ政権が21年度予算で

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、2021会計年度(20年10月─21年9月)予算教書を議会に提出した。国防費は7405億ドルを要求し、核兵器のほか武力衝突に備えた兵器の研究・開発費の増額を盛り込んだ。

国防総省高官は、研究・開発費の要求額は過去70年間で最大規模とし、中国やロシアの軍備増強に対抗するため、次世代の軍事的対応能力を構築するという。

別の高官は、核兵器の近代化向けには昨年度から290億ドル(18%)増額を求めたと述べた。米議会予算局(CBO)によると、核兵器近代化を完了させるには今後30年で1兆ドル以上かかる見込みという。

また、現在展開されている戦争や国防経費として690億ドルを求めた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up