April 10, 2017 / 4:40 PM / 10 months ago

トランプ米大統領、11日に大手企業首脳らと会談 税制改革などめぐり

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は11日に米大手企業首脳約20人と会談する。ホワイトハウスのスパイサー報道官が明らかにした。税制改革や1兆ドル規模のインフラ投資への支持を獲得し、法人税減税や規制緩和などの一連の政策措置の効率的な実施に向けた足場を固めたい考えとみられる。

政府高官によると、会談に臨むのはゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)やIBM(IBM.N)、ウォルマート・ストアーズ(WMT.N)の最高経営責任者(CEO)ら。昨年12月に新設した経済問題に関する助言組織「大統領戦略・政策フォーラム」のメンバーだ。同フォーラムとの前回会談は2月3日に行われた。

さらに、スパイサー報道官によると、各社首脳らは小グループに別れ、ロス商務長官、チャオ運輸長官、プルイット米環境保護局(EPA)長官、デボス教育長官、マルバニー行政管理予算局(OMB)局長とも会合する。

ロス商務長官との会合にはウォルマートやペプシコPEP.NのCEOらが参加する。また、プルイットEPA長官との会合にはGMのバーラCEO、チャオ長官との会合にはテスラ(TSLA.O)のマスクCEOらが臨む見通しとなっている。

    そのほか会談に参加するのは、コンサルティング会社のEY、ボストン・コンサルティング・グループ、医療機関クリーブランド・クリニック、インフラ投資会社グローバル・インフラストラクチャー・パートナーズなどのCEOら。

    *内容を追加して再送します。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below