August 23, 2018 / 2:55 PM / 3 months ago

ロシア人会合、トランプ氏事前把握は不明 元弁護士が昨年証言

[23日 ロイター] - トランプ米大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン被告が昨年の議会証言で、2016年の大統領選前にトランプ陣営幹部とロシア人が会った会合について、トランプ氏が事前把握していたかどうかは分からないと説明していたと、ニュースサイト「アクシオス」が報じた。

これまでの報道では、コーエン被告はロシアの大統領選介入疑惑を捜査するモラー特別検察官に、トランプ氏が会合を事前に把握していたと話す用意があるとされ、今回の報道はこれに矛盾する。

コーエン被告は昨秋、上院情報委員会で証言。アクシオスが関係筋3人の話として伝えたところによると、コーエン被告は会合について事前に把握せず、トランプ氏も前もって知っていたかは分からないと述べたという。

16年6月にトランプタワーで行われた会合で、ロシア側は民主党大統領選候補のヒラリー・クリントン氏に不利な情報提供を持ちかけたとされる。会合にはトランプ氏長男のドナルド・トランプ・ジュニア氏や娘婿のジャレッド・クシュナー氏、選対本部議長だったポール・マナフォート氏が出席したという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below