for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏、南軍旗と南軍由来の基地名を改めて擁護

7月19日、トランプ米大統領は「FOXニュース・サンデー」のインタビューで、南北戦争で奴隷制度の存続を主張した南部連合(南軍)の軍旗が侮辱的な意味を持つかとの質問には直接答えず、南部を愛する人たちは南軍旗を誇らしく思っていると応じた。写真は南軍旗とトランプ氏の選挙ポスター。バージニア州サンズトンで4日撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日放送された「FOXニュース・サンデー」のインタビューで、南北戦争で奴隷制度の存続を主張した南部連合(南軍)の軍旗が侮辱的な意味を持つかとの質問には直接答えず、南部を愛する人たちは南軍旗を誇らしく思っていると応じた。

「その質問の答えは、誰について話しているのか、いつの時代について話しているかによる」とし、「人々は南軍旗を誇らしげに掲げる際に、人種差別を話題にしているわけではない。彼らは南部の象徴である旗を愛している。彼らは南部を愛している。これは何よりも言論の自由だ」と強調した。

トランプ氏は今月、人気カーレースのNASCARが決めた、南軍旗の使用禁止を批判した。

議会では、南軍の将官らの名前を米軍基地名から1年以内に削除する改正案を含む国防権限法案が審議されているが、トランプ氏は拒否権を行使する考えを示している。与党共和党の複数の議員は、基地名変更を支持している。

トランプ氏はインタビューで「これらの軍基地を拠点に、米国は世界大戦に勝利した。変更はしない」と強調。また、黒人に対する警察の暴力への抗議活動を起点とする「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」運動を「不快だとも思わない。これも言論の自由だ」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up