Reuters logo
米下院共和党、つなぎ予算で当面対応へ 次期大統領に配慮
2016年11月17日 / 23:12 / 1年後

米下院共和党、つなぎ予算で当面対応へ 次期大統領に配慮

[ワシントン 17日 ロイター] - 米下院共和党は、2017会計年度(9月30日まで)予算について、トランプ次期大統領の意向を反映させるため、当面3月31日までのつなぎ予算で対応することを決定した。

11月17日、米下院共和党は、2017会計年度予算について、トランプ次期大統領の意向を反映させるため、当面3月31日までのつなぎ予算で対応することを決定した。9日撮影(2016年 ロイター/JOSHUA ROBERTS)

現行の暫定予算は12月9日に期限を迎えるため、3月まで同様の措置で乗り切るとしている。

ライアン下院議長は記者団に対し「新政権は予算配分について意見を反映させたいだろう」と指摘。3月まで猶予を設けることで、残りの会計年度の優先順位について次期大統領が十分な情報を基に判断できるとの考えを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below