May 22, 2019 / 7:19 PM / a month ago

トランプ氏、民主党とのインフラ整備会合中断 弾劾機運に反発

[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、インフラ整備を巡る民主党との協議を突如打ち切り、ロシア疑惑を巡り自身への調査を拡大している民主党議員や、自身が「事実隠蔽」に関与したと非難したペロシ下院議長への反発をあらわにした。

トランプ大統領は民主党との協議を打ち切った後、予定されていなかった記者会見を設け、「私は隠蔽行為などしない」と言明。民主党議員による「偽」の調査を理由に、インフラ整備計画で民主党と連携する意向はないと強調した。

これに対し、ペロシ下院議長は「トランプ大統領が司法を妨害し、事実を隠したことは事実で、弾劾に値する」と述べた。

民主党の間で大統領弾劾に向けた機運が高まる中、ペロシ議長は会合に先立ち、トランプ大統領が隠蔽に関与したとし、「米大統領を含め、誰も法の上に立つことはできない」と述べていた。

民主党重鎮のシューマー上院院内総務は、トランプ大統領と民主党議員の会合で起きたことに、誰もが「あぜんとするだろう」とし、トランプ大統領はインフラ整備の原資に関する質問を受けて「逃げざるを得なかった」と批判した。

また、トランプ大統領が民主党との連携を拒否したことについて、CNBCは政府高官の発言として、債務上限引き上げや歳出法案に関する協議には影響は及びない見通しと報じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below