July 10, 2018 / 12:45 AM / 2 months ago

トランプ米大統領、NATO加盟国を批判 防衛費と貿易慣行巡り

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国は米国に対し貿易黒字を維持しながら、防衛費の負担では十分な責務を果たしていないとして批判した。

 7月9日、トランプ米大統領は、北大西洋条約機構(NATO)加盟国は米国に対し貿易黒字を維持しながら、防衛費の負担では十分な責務を果たしていないとして批判した。写真は昨年5月にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議で発言する同大統領(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

11─12日に開かれるNATO首脳会議への出席を前に、加盟国の防衛支出と貿易慣行に不満を示した。

トランプ氏はツイッターに「米国は他のどの国よりも多くNATOのために支出している。これは公平ではなく、容認できない。加盟国は私の就任以来、負担を拡大してきたが、さらなる取り組みが必要だ」と投稿した。

別の投稿では、欧州の対米貿易黒字を批判した。

米国は現状、NATOの防衛支出の約7割を負担している。NATOは2024年までに加盟国の防衛費を対国内総生産(GDP)比2%以上とする目標を掲げているが、ドイツやスペインなど複数の国は目標を達成できない見通しだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below