September 11, 2019 / 1:30 PM / 4 days ago

トランプ氏、FRBにマイナス金利要求 パウエル議長を再批判

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、ツイッターへの投稿で、マイナス金利政策は政府の債務費節減に貢献するなどと指摘、米連邦準備理事会(FRB)に対し政策金利をマイナス圏まで引き下げるよう要求した。同時に、「『愚か者ども』のためにわれわれは千載一遇の機会を失っている」と述べ、改めてジェイ・パウエルFRB議長らを批判した。

トランプ氏は投稿の中で、「FRBは政策金利をゼロ%、もしくはそれを下回る水準に引き下げる必要がある。それを受け、われわれは債務の借り換えを行う。金利は大幅に引き下げられる。同時に、期間を大幅に長期化させることもできる」と指摘。

「われわれは素晴らしい通貨、権限、そしてバランスシートを有している。米国は常に最も低い金利を支払うべきだ。インフレはない!」とも述べ、さらに「他の国がすでにやっていることを認めようとしないのは、ばか正直なジェイ・パウエルとFRBだけだ」と批判した。

ただ、トランプ氏は、景気底上げに向けマイナス金利政策を導入した欧州中央銀行(ECB)や日銀が直面しているリスクや金融市場の緊張には言及せず、マイナス金利が想定通りに成長を促進したりインフレを押し上げたりしていない事実にも触れなかった。

来年に大統領選挙を控え、トランプ氏はこれまでも繰り返しFRBに利下げを呼び掛けており、景気支援に向け積極的な金融緩和に動かないFRBとパウエル議長を批判してきた。ただ先月には、マイナス金利政策について反対する姿勢を示していた。

FRBは7月30─31日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.00─2.25%に25ベーシスポイント(bp)引き下げることを決定し、2008年以来初めての利下げに踏み切った。金融市場ではFRBは今月17─18日の次回FOMCで追加利下げを決定するとの見方が大勢になっている。[nL4N24W51E][nL3N25X3G2]

トランプ氏のこの日のツイートの意図について問われると、ホワイトハウス当局者は「大統領は国家の債務を減らすために使える全てのツールを検討している。われわれは議会に対し、無駄な支出を減らす取り組みに加わるよう求めている」と述べた。

米紙ワシントンポストは先月、不動産事業を営むトランプ氏がホテルなどに関連して借り入れを抱えているため、FRBが金利を引き下げれば個人的に大きな恩恵が受けられると報じている。

ピュー研究所によると、連邦政府が負担する米国債の利払い費は今年度は約4000億ドル、28年度までには9140億ドル超に膨らむ見通し。だが、連邦政府の経費全体に占める利払い費の割合は約8.7%と、1970─80年代の超高金利政策の後で15%を超えていた1990年代半ばからは大きく低下している。

トランプ米大統領は11日、米連邦準備理事会(FRB)に対し政策金利をマイナス圏まで引き下げるよう要求した。ホワイトハウスで10日撮影(2019年 ロイター/Erin Scott)

ジャニー・モントゴメリー・スコットのチーフ投資ストラテジスト、マーク・ルスチーニ氏は、ゼロあるいはマイナス金利について、景気後退期には適切だろうが、失業率が記録的低水準にある景気拡大期の経済においては「最終的に次の金融危機を創出する可能性がある」と指摘。「人々はよりリスクを取るようになる」とした。

FRB当局者は以前からマイナス金利について、政策的に支持できない、リスクを冒すに値しないとして重要視していない。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below