Reuters logo
米行政監査当局、大統領のフロリダ別荘での機密情報取り扱いを調査
2017年3月28日 / 03:46 / 8ヶ月後

米行政監査当局、大統領のフロリダ別荘での機密情報取り扱いを調査

[ワシントン 27日 ロイター] - 米連邦議会行政監査局(GAO)は27日、トランプ米大統領が経営するフロリダ州にあるリゾート施設「マー・ア・ラゴ」で機密情報がどのように扱われているかなどを調査すると発表した。

 3月27日、米連邦議会行政監査局(GAO)は、トランプ米大統領が経営するフロリダ州にあるリゾート施設「マー・ア・ラゴ」で機密情報がどのように扱われているかなどを調査すると発表した。写真はマー・ア・ラゴで夕食を取る日本の安倍首相夫妻やトランプ大統領夫妻ら。パームビーチで2月撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

トランプ大統領の「マー・ア・ラゴ」での機密情報の扱いを巡っては、2月に安倍晋三首相と「マー・ア・ラゴ」で夕食を共にした際、一般客が周りのテーブルにいる中で、北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応を協議していたことが明らかになり、民主党議員から批判が上がっていた。

GAOが24日議会に送付した書簡によると、GAOは「マー・ア・ラゴ」のゲストに対してセキュリティチェックが義務付けられているかを調査する。大統領と一緒に「マー・ア・ラゴ」に出張した政府職員の旅費なども調べる。

トランプ大統領の弁護士は1月11日の記者会見で、トランプ氏のホテルで外国政府がもたらした利益の全てを財務省に寄付すると述べており、GAOは大統領がそうした財務省への支払いを行ったかもチェックするという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below