Reuters logo
独経済相が米商務長官に書簡、貿易障壁の削減は「共通の利益」
2017年3月2日 / 17:08 / 9ヶ月後

独経済相が米商務長官に書簡、貿易障壁の削減は「共通の利益」

[ベルリン 2日 ロイター] - ドイツのツィプリース経済相はロス米財務長官に宛てた書簡で、米独間の貿易障壁を最小限にとどめることが両国の利益になるとの考えを伝えたことが明らかになった。

 3月2日、ドイツのツィプリース経済相はロス米財務長官に宛てた書簡で、米独間の貿易障壁を最小限にとどめることが両国の利益になるとの考えを伝えた。2月撮影(2017年 ロイター/Fabrizio Bensch)

ツィプリース経済相は2月28日付の書簡で、ドイツ、欧州連合(EU)、米国が世界経済構造の変化を踏まえ連携を強化していくべきと指摘。「われわれは欧米貿易における障壁削減し、世界で適用可能な経済の適切な基準で合意することは共通の利益となる」と語った。

欧米関係の重要性についても強調。緊密な米独の経済関係を例に挙げ、「ドイツの政策における中核的かつ確固たる要素」とした。

さらに、ドイツの投資が米国内で約67万人の雇用を創出したと指摘。2015年には2560億ドル相当の直接投資が行われたと述べた。

同相は訪米する意向を示しているものの、明確な日程は示していない。経済省筋によると、現時点で5月の訪問が予定されている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below