for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏がグリーンランド購入検討か、デンマークは反発

[ブリッジウォーター(米ニュージャージー州) 16日 ロイター] - トランプ米大統領が、デンマークの自治領グリーンランドを購入する案について側近らと非公式に議論したとの報道を受け、デンマーク側からは反発の声があがっている。

スライドショー ( 2枚の画像 )

関係筋が15日明らかにしたところによると、トランプ大統領は米国の領土を拡大する方法としてグリーンランドを購入する案について側近やアドバイザーらとひそかに議論した。一部の側近はそうした考えを笑い飛ばしたが、真剣に受け止める側近もいたという。

グリーンランドを巡っては、1946年に当時のトルーマン大統領が1億ドルでの購入を提案したことがある。また、米軍基地として最北に位置するチューレ空軍基地がある。

グリーンランドは、北大西洋と北極海の間に位置する。その戦略的地の利に加え、埋蔵されている鉱物資源に米国のほか、中国、ロシアも注目している。

デンマークのラスムセン前首相は「エイプリルフールの冗談のようなものだが、完全に季節外れだ」とツイッターに投稿。

社会人民党の外務担当報道官は地元メディアに対し「トランプ氏が(グリーンランド購入を)本当に検討しているのであれば、彼が発狂したという最終的な証拠だ」と述べた。

グリーンランドの第2党、イヌイット友愛党(IA)出身の国会議員はロイターに「グリーンランドの住民の過半数は、米国よりもデンマークに属している方が良いと考えていると確信している」とし、「私の考えは『ノーサンキュー』だ」と語った。

グリーンランド自治政府のバガー外相は「ビジネスをすることにはオープンだが、売りに出されているわけではない」とした。

トランプ大統領は9月上旬にデンマークを初訪問する。

*内容を追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up