February 28, 2018 / 7:33 AM / 4 months ago

米大統領、イラン問題巡りサウジ・UAEの指導者と電話会談

[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、イランの「不安定化行為」と、その他の安全保障・経済問題について、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)の指導者とそれぞれ電話で会談した。

 2月27日、トランプ米大統領は、イランの「不安定化行為」と、その他の安全保障・経済問題について、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)の指導者とそれぞれ電話で会談した。写真はホワイトハウスで撮影(2018年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

ホワイトハウスは大統領が、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とUAEアブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子にそれぞれ、湾岸諸国が「イランによる不安定化行為への対策と行動を強化し、テロリストと過激派を駆逐」できる方法を示してくれたことに謝意を伝えたと説明した。

サウジとUAEは昨年6月、バーレーン、エジプトとともに、カタールがテロリズムとイランを支援しているとして国交を断絶。カタールは非難を一蹴し、4カ国が主権を侵害しようとしていると主張している。

ある米政府高官によると、両皇太子およびカタールのタミム首長は、3月と4月にトランプ大統領と会談する予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below