March 1, 2018 / 3:14 AM / 7 months ago

トランプ米大統領最側近、ヒックス広報部長辞任へ=ホワイトハウス

[ワシントン 28日 ロイター] - 米ホワイトハウスは、トランプ大統領が最も信頼する最も古くからの側近、ホープ・ヒックス広報部長(29)が辞任すると発表した。具体的な時期は不明だが、数週間以内とみられる。

 2月28日、米ホワイトハウスは、トランプ大統領が最も信頼する最も古くからの側近、ホープ・ヒックス広報部長(29)が辞任すると発表した。写真は下院情報委員会に出席したあと、米議会議事堂を出る同部長。ワシントンで27日撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

ヒックス氏は、トランプ氏が大統領選キャンペーンを開始した際に初めて採用したスタッフのうちの1人で、政治の経験はない。前任のスカラムチ氏の更迭を受け、17年9月に後任となった。側近によると、ヒックス氏はホワイトハウス外での機会を探すため辞任したいと大統領に告げたという。

ヒックス氏は前日、2016年の米大統領選へのロシア介入疑惑を巡り非公開で行われた下院情報委員会の公聴会に9時間にわたり出席していた。

ホワイトハウスのサンダース報道官は、ヒックス部長の決断は公聴会での聞き取りに関連するものではないと説明。議員らによると、ヒックス氏は政権に関する質問への回答を拒否したが、トランプ氏の広報を担当していた選挙キャンペーン時と、その後トランプ氏が大統領に就任するまでに関する質問には全て答えたという。

16年7月、大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏がロシア人弁護士のナタリア・ベセルニツカヤ氏とマンハッタンのトランプタワーで面会していた問題で、ヒックス氏はこれに関し17年7月に虚偽の声明文作成に関わったとされるが、同氏はこの問題についての証言を拒否した。

トランプ・ジュニア氏はのちに、トランプ氏の対立候補だったヒラリー・クリントン氏に不利となる情報を提供すると同弁護士が約束したことを明らかにした。

ヒックス部長は、2人の元妻に対する虐待疑惑で辞任したホワイトハウスのロブ・ポーター元秘書官と恋愛関係にあったとみられている。

トランプ大統領はホワイトハウスを通じて「ホープ氏は卓越した人物で、3年間素晴らしい仕事をしてくれた」との声明文を発表。「将来再び共に働けることを信じている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below