January 20, 2020 / 4:35 AM / a month ago

米中通商合意、米農家に恩恵もたらす=トランプ大統領

 1月19日、トランプ米大統領(写真)は、米中貿易戦争の影響に苦しんできた農家や牧場経営者らに対し、米中両国が署名した「第1段階」の通商合意は米農産品の大規模な購入につながると主張した。写真はテキサス州 オースティン で19日撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[オースティン(米テキサス州) 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日、米中貿易戦争の影響に苦しんできた農家や牧場経営者らに対し、米中両国が署名した「第1段階」の通商合意は米農産品の大規模な購入につながると主張した。

当地で開かれた米農業連合会(AFBF)の年次総会で演説したトランプ氏は、農家や牧場主の間で自身の支持率が高いことを示す世論調査結果のコピーを振りかざしながら演説を始めた。

トランプ氏は「第1段階」通商合意は農家に恩恵をもたらすと強調するとともに、「ずっと一緒に戦ってくれた。いつも私の味方でいてくれた。諦めることなど考えることさえなく、われわれはやり遂げた」と農家への感謝の言葉を述べた。

21日に上院で始まる弾劾裁判に言及し、「私は極左の愚か者たちによって弾劾裁判にかけられる。しかし大丈夫だ。農家はトランプの味方だ」と強調した。

「第1段階」通商合意で中国は大豆や穀物、食肉など米国の農産品を2年間で320億ドル追加購入(2020年は125億ドル、2021年は195億ドル)することを約束した。しかし、2500億ドルの中国製品への25%の制裁関税など、積み残された課題も多いとアナリストらは指摘している。[nL4N29K4MA]

トランプ氏は演説で、中国には必ず通商合意で約束したことを守らせると強調した。

さらに、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)が議会を通過したことにも触れ、近々ホワイトハウスで式典を開いて署名することになるだろうと語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below