Reuters logo
バチカンが米移民政策に懸念表明、大統領令後で初コメント
2017年2月2日 / 09:17 / 10ヶ月後

バチカンが米移民政策に懸念表明、大統領令後で初コメント

[バチカン市 1日 ロイター] - ローマ法王庁(バチカン)高官は1日、トランプ米大統領の移民政策に懸念を表明した。トランプ米大統領がイスラム圏7カ国からの入国を禁止する大統領令を出して以来、バチカンのコメントは初めて。

 2月1日、ローマ法王庁(バチカン)のナンバー3である国務長官代理のアンジェロ・ベッチュ大司教(写真右)は、伊カトリック系テレビ局で、トランプ米大統領の移民政策に懸念を表明した。1月撮影(2017年 ロイター/Alessandro Bianchi)

バチカンのナンバー3である国務長官代理のアンジェロ・ベッチュ大司教は、イタリアのカトリック系テレビ局TV2000で、米国の移民政策についての質問に「私たちは他の文化、つまり寛容の文化の使者であるので、当然、懸念はある」と答えた。

法王は昨年2月、メキシコ訪問からの帰途に、メキシコ国境に壁を建設すべきとのトランプ候補(当時)の主張に対し「キリスト教徒でない」と批判した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below