January 13, 2020 / 5:28 AM / 6 days ago

米下院民主党、弾劾訴追状の上院送付日を14日に決定へ=ペロシ議長

 1月12日、米議会下院のペロシ議長(民主党)は、下院が昨年末に可決したトランプ大統領に対する弾劾訴追状について、下院民主党が上院への送付時期を14日に決定する予定だと明らかにした。ワシントンで9日撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 12日 ロイター] - 米議会下院のペロシ議長(民主党)は12日、下院が昨年末に可決したトランプ大統領に対する弾劾訴追状について、下院民主党が上院への送付時期を14日に決定する予定だと明らかにした。また、弾劾裁判への証人招致を拒否している共和党は政治的な代償を払うことになると指摘した。

ペロシ下院議長はABCの番組で、14日午前の党の定例会合で弾劾訴追状の上院送付日や、上院で裁判運営に携わる人の人選について採決を行う予定であると述べた。

ペロシ氏は、上院共和党トップのマコネル院内総務に証人招致に同意するよう要求し、弾劾訴追状の上院送付を遅らせている。

マコネル氏は、証人招致の確約に応じない姿勢を鮮明にしており、前週、証人招致の同意抜きで裁判を始めることができる、十分な共和党の賛成票を確保していると述べていた。[nL4N29E3DK]

ペロシ氏はABCの番組で、弾劾訴追状の送付を遅らせていることは、証人の証言と証拠を伴う「公平な裁判」の必要性を米有権者に認識してもらうことにつながっていると指摘。マコネル氏がそうした手続きを阻害し続ければ、共和党は政治的代償を払うことになると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below