February 5, 2019 / 2:58 AM / 3 months ago

米検察、トランプ大統領就任式実行委に文書提出求める召喚状

 2月4日、トランプ米大統領の就任式実行委員会は、ニューヨーク州マンハッタンの連邦検事局から文書提出を求める召喚状を受け取ったと明らかにした。写真はトランプ大統領の就任式に集まった人々。ワシントンで2017年1月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - トランプ米大統領の就任式実行委員会は4日、ニューヨーク州マンハッタンの連邦検事局から文書提出を求める召喚状を受け取ったと明らかにした。

委員会の広報担当は「召喚状を精査している段階だが、われわれは調査に協力する意向だ」とした。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)やニューヨーク・タイムズによると、同委員会への資金提供者や委員会の支出に関する文書の提出が求められているという。

WSJは昨年12月、トランプ大統領の就任式実行委員会が調達資金の一部を正当な目的以外に流用した可能性についてマンハッタンの連邦検事局が捜査していると伝えていた。調達した資金の総額は1億0700万ドルとされる。

WSJによると、検察は委員会への資金提供者の一部が政策上の見返りを求めて献金し、政権の方針などに影響を及ぼした可能性について調べているという。

ニューヨーク・タイムズは、就任式実行委員会が外国から違法な献金を受けたかどうかが捜査の焦点になっていると報道。連邦法では就任式に関わる資金で外国から資金提供を受けることが禁じられている。

マンハッタンの連邦検事局はロイターに対しコメントを差し控えた。ホワイトハウスはコメントの求めに応じていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below