June 7, 2019 / 1:42 AM / 2 months ago

トランプ氏は独立記念日の演説再考を、民主党が書簡「政治集会に」

 6月6日、米議会民主党は、7月4日の独立記念日を祝うイベントの開催中にトランプ大統領が計画するリンカーン記念堂での演説について、伝統的な超党派行事を選挙キャンペーンの集会に変えてしまう恐れがあるとして、日程や場所の変更を書簡で求めた。ノルマンディ上陸作戦75周年の記念式典で演説する同大統領。仏北西部・コルビルシュルメールで撮影(2019年 ロイター/CARLOS BARRIA)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米議会民主党は6日付の書簡で、7月4日の独立記念日を祝うイベントの開催中にトランプ大統領が計画するリンカーン記念堂での演説について、伝統的な超党派行事を選挙キャンペーンの集会に変えてしまう恐れがあるとして、日程や場所の変更を求めた。

トランプ氏は2月、ワシントンで7月4日に花火などのイベントを主催し、演説もするとツイッターで発表した。

大統領に宛てた書簡は、民主党のホイヤー下院院内総務、下院天然資源委員会のグリハルバ委員長、歳出小委員会のマッカラム委員長が署名した。

政治に無関係な大規模イベントの伝統を守りたいとし、「演説の時期を早めるか、場所の変更」を検討するよう要請。祝賀イベントには毎年「建国を祝うために多くの人がやってくる。あなたが公費を使ってテレビ中継される党派的な選挙集会につながるイベントを検討していることは残念だ」とした。

さらにトランプ氏の演説計画は「多大なコスト」がかかり、必要な警備によって訪問者の入場が大きく妨げられる可能性があると指摘した。

ホワイトハウスのディア報道官は、書簡で示された懸念について聞かれ、トランプ氏の計画は速やかに進行していると答えた。

「トランプ大統領は米国を愛しており、7月4日にすべての国民が独立を祝うのを応援したい」とし、イベントの準備を続ける方針を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below