for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米司法省、大統領選結果巡る「不適切な試み」の職員関与を調査

米司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官は25日、2020年の大統領選挙の結果を覆そうとした「不適切な試み」に同省の現・元職員が関与していなかったか調査に乗り出すと発表した。ウィスコンシン州マディソンで昨年11月撮影(2021年 ロイター/BING GUAN)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官は25日、2020年の大統領選挙の結果を覆そうとした「不適切な試み」に同省の現・元職員が関与していなかったか調査に乗り出すと発表した。

ニューヨーク・タイムズ紙は22日、同省民事局のジェフリー・クラーク司法次官補代理がトランプ前大統領と共謀してジェフ・ローゼン司法長官代行を追放し、同省の権限を用いてジョージア州の大統領選挙結果を覆すことを計画していたと報じた。

報道によると、トランプ氏は自身に非協力的なローゼン氏を解任し、後任にクラーク氏を起用しようとしていたが、クラーク氏が司法長官代行に任命された場合、他の省幹部が辞任する意向を示したため失敗に終わったという。

ホロウィッツ監察官は声明で、今回の調査は「関連するあらゆる疑惑」を網羅するものの、職員がどのような役割を果たしたのかに限定されると指摘。また、司法省以外の政府関係者を調査する権限はないとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up