July 1, 2018 / 10:38 PM / 4 months ago

米大統領、首席補佐官の後任探しを否定 将来の可能性は排除せず

 6月29日、トランプ米大統領は、ケリー首席補佐官(写真)の後任を探していないとした上で、そのような状況は「いつか起こる」との考えを示した。21日撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

[大統領専用機 29日 ロイター] - トランプ米大統領は29日、ケリー首席補佐官の後任を探していないとした上で、そのような状況は「いつか起こる」との考えを示した。

関係筋は28日、就任から間もなく1年となるケリー氏が、近く退任する可能性があると明らかにしていた。

大統領はニュージャージーに向かう大統領専用機内で、記者らにケリー氏の後任を探しているか問われると、「違う。われわれは非常にうまくやっている。ただ、いつかは(後任を探す状況が)起こる」と語った。

大統領はケリー氏が首席補佐官をどのくらい長く務めるかについては「分からない」とした上で、「われわれは非常に良好な関係にあり、多くのことをともに成し遂げてきた。わたしはケリー氏を尊敬している」と語った。

関係筋によると、ケリー氏の後任にはマルバニー行政管理予算局(OMB)局長やペンス副大統領の首席補佐官を務めるニック・エアーズ氏の名前が挙がっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below