March 28, 2018 / 5:46 AM / 25 days ago

トランプ米大統領の弁護団、元検事エコノモウ氏の役割拡大へ

[27日 ロイター] - 2016年の米大統領選にロシアが介入した疑惑の捜査を巡り、トランプ米大統領の弁護団ではアンドリュー・エコノモウ氏(69)が中心的な役割を担う見通しだ。

 3月27日、2016年の米大統領選にロシアが介入した疑惑の捜査を巡り、トランプ米大統領の弁護団ではアンドリュー・エコノモウ氏(69)が中心的な役割を担う見通しだ。写真はトランプ大統領。23日にホワイトハウス敷地内で撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

元検事のエコノモウ氏は、弁護団の主任弁護士であるジェイ・セクロー氏を補佐する弁護士の1人。

セクロー氏は27日、ロイターに対し、先週にジョン・ダウド氏が弁護団から去ったことを受け、エコノモウ氏がより大きな役割を担うことになると述べた。エコノモウ氏について、数十年にわたり複雑な捜査を手掛けてきた「卓越した戦略家」と評した。

エコノモウ氏はほぼ無名だが、ロシア疑惑捜査を巡っては昨年6月以降セクロー氏とともに働いていると述べ、トランプ大統領の弁護活動に対する自信を示した。

関係筋によると、トランプ大統領は一流の法律家を弁護団に起用しようとしたが、いずれも拒否された。例えば、イリノイ州の連邦検事だったダン・ウェッブ氏は26日、トランプ氏から接触を受けたものの、断ったことを明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below