Reuters logo
メキシコと米商工会議所「貿易関係守る」、トランプ政権を意識
2016年11月17日 / 02:37 / 1年後

メキシコと米商工会議所「貿易関係守る」、トランプ政権を意識

[メキシコ市 16日 ロイター] - メキシコ政府と米商工会議所は16日、年5000億ドルを超える両国間の貿易関係を守る取り組みを強化する考えを示した。

 11月16日、メキシコ政府と米商工会議所は、年5000億ドルを超える両国間の貿易関係を守る取り組みを強化する考えを示した。写真はニューヨークで5月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

次期米大統領に決まったトランプ氏は、米国とメキシコ、カナダが参加する北米自由貿易協定(NAFTA)について、米国に有利な形で見直すことができなければ離脱すると主張している。

米商工会議所がメキシコ市で開いたイベントで、カルロス・サダ駐米メキシコ大使は、米国の民間部門と政界関係者の双方との関係を築くという点で、メキシコがネットワークを広げていく必要があるとし、米国の議員に両国間の深い結びつきを理解してもらうことが重要だと強調した。

米商工会議所の米州担当副所長ジョディ・ハンソン・ボンド氏は、商工会議所として今後、トランプ次期政権やその他の利害関係者に働き掛け、両国間関係の重要性を訴えていく考えを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below