January 12, 2017 / 12:16 AM / 3 years ago

次期財務長官指名のムニューチン氏、9400万ドル超の資産売却へ

 1月11日、トランプ次期米政権の財務長官に指名された元ゴールドマン・サックス幹部のスティーブン・ムニューチン氏(写真)は、利益相反を回避するため少なくとも9400万ドル相当の資産を売却することを約束した。2016年11月撮影(2017年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ次期米政権の財務長官に指名された元ゴールドマン・サックス(GS.N)幹部のスティーブン・ムニューチン氏は、利益相反を回避するため少なくとも9400万ドル相当の資産を売却することを約束した。11日に公表された文書で明らかになった。

42ページにわたる資産情報の開示文書によると、ムニューチン氏の投資の中には、同氏の率いる投資家グループが2015年売却したワンウエスト銀行の買い手CITグループ(CIT.N)の普通株も含まれ、価値は5000万ドル以上とされている。

ムニューチン氏はCITの取締役を12月に辞任したことを明らかにしたほか、500万ドル超相当のゴールドマン株や2500万ドル超相当の同社金庫株も売却する意向を示した。

開示文書によると、同氏の資産の価値は1億1800万─3億9200万ドルで、ブッシュ政権で財務長官を務め、就任時の資産価値が7億ドルを超えていたヘンリー・ポールソン氏以来の高い額となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below