July 24, 2019 / 3:02 PM / 4 months ago

「トランプ氏の潔白証明せず」、モラー氏が議会証言

[ワシントン 24日 ロイター] - ロシアの米大統領選干渉疑惑を捜査したモラー元特別検察官(74)は24日、下院の司法委員会と情報特別委員会の公聴会で証言し、司法妨害を巡りトランプ大統領の潔白は証明していないとの認識を改めて示した。

モラー氏は司法委員会でナドラー委員長(民主党)から「トランプ氏の完全な潔白を証明したか」と問われ、「していない」と回答。トランプ氏はこれまで、ロシア疑惑捜査は自身の「完全で全面的な潔白を証明」したと述べている。

また、ロシア干渉疑惑や捜査妨害に関する当局の調査に「不適切な影響を与え得る多数の大統領の行為」について捜査報告書で詳細が記されたと指摘し、「捜査結果は、大統領が犯したとされる行為について無罪を証明したわけではない」と述べた。

大統領が退任後に訴追される可能性はあるとも述べた。

モラー氏は「弾劾の問題」についてはコメントを避けた。民主党の一部は大統領弾劾手続きに着手するよう求めており、党は二分されている。ただ、モラー氏が言及を避けたため、証言を受けて弾劾への動きが速まることにはならないとみられる。

同氏がロシア疑惑捜査について証言したのは初めて。公聴会は2つの委員会を合わせて7時間強にも及んだ。

モラー氏はロシアによる2016年米大統領選への介入およびトランプ氏の捜査妨害の2つの疑惑について1年10カ月にわたり捜査を実施。司法省は4月18日に捜査報告書を公開。大統領による司法妨害を示す事例を数多く指摘する一方、大統領が罪を犯した証拠はなく、また潔白が証明されたわけでもないと結論付けた。

公聴会後にトランプ大統領は共和党にとって良い一日となったとコメントし、ロシア疑惑捜査はでっち上げで魔女狩りだと改めて批判した。

ホワイトハウスと2020年大統領選での再選に向けたトランプ氏の選挙陣営の幹部はモラー氏の証言について、民主党議員にとっては「災難」だったとやゆした。トランプ氏はツイッターで、モラー氏はおじけづいており、ロシアに関する調査はでっち上げだとする他のユーザーのコメントを投稿。

また、トランプ大統領の弁護士ジェイ・セクロウ氏は「米国民はこの問題が終わったことを理解している」と述べた。

一方、モラー氏は公聴会で捜査はでっち上げとの見方を否定。「これは魔女狩りではない」とも述べた。捜査は「公正かつ独立した方法」で行い、捜査チームは最も清廉潔白だったと語った。

トランプ氏の書面聴取に関する民主党議員からの質問に対しては、大統領が全て正直に回答したわけではないとの見方に「大筋で」同意すると述べた。また、捜査チームが昨年、トランプ氏に対面での事情聴取を強制する召喚状を出さないことを決めたのは「捜査を早く終結させる必要があった」からだと説明した。

ロシアの米大統領選干渉疑惑を捜査したモラー元特別検察官は24日、下院司法委員会の公聴会で証言し、トランプ大統領の完全な潔白は証明されていないとの認識を改めて示した。(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

トランプ氏が過去に内部告発サイト「ウィキリークス」を称賛したことについては「控えめに言っても問題がある」と述べた。

さらに、「これまでの仕事人生で、私は民主主義に対する挑戦を何度も目にしてきたが、その中でもロシア政府の選挙干渉疑惑は最も深刻なものだ」と指摘。ロシアは米国の政治への介入を継続しており「次の選挙でもやるだろう」との認識を示した。

ロシア疑惑捜査のきっかけに関する質問には回答しないとした。捜査がトランプ氏に打撃を与えるという政治的な動機によるものだったと証明することを望んでいた共和党議員の失望を誘った可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below