for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏と長男・長女が証言に同意、NY当局の一族企業調査で

File Photo: Former U.S. President Donald Trump speaks during a rally to boost Ohio Republican candidates ahead of their May 3 primary election, at the county fairgrounds in Delaware, Ohio, U.S. REUTERS/Gaelen Morse

[ニューヨーク 8日 ロイター] - トランプ前米大統領と長男ジュニア氏、長女イバンカ氏の3人はトランプ氏一族の企業の事業慣行に関するニューヨーク州司法当局の民事調査で、7月15日から証言することに同意した。

8日に公表されたジェームズ州司法長官との合意内容によると、証言は2週間にわたる可能性がある。ジェームズ氏は複合企業トランプ・オーガニゼーションが銀行や税務当局に対し所有する不動産の資産価値を偽った可能性について調査している。

ジェームズ氏は半年以上前に証言を求める召喚状を出していたが、トランプ氏は証言を拒否し、法廷闘争となっていた。州控訴裁判所は先月、召喚状の有効性を認めた下級審判決を支持した。

一方、ニューヨーク州の裁判所は8日の審理で、トランプ・オーガニゼーションの記録の保存・破棄に関する方針に関して、幹部らの宣誓供述書をジェームズ氏に提出するようトランプ氏に命じる判断を示した。

裁判所は、資料提出命令に応じないトランプ氏に対して4月に出した法廷侮辱罪の認定はまだ完全には取り消せないと判断した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up