for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏とプーチン大統領が電話会談、「協力関係」で一致

11月14日、プーチン大統領とトランプ次期米大統領が電話で会談し、「国際テロリズムや過激派との戦いなどにおいて建設的な協力関係」の構築を目指すことで合意した。モスクワで9日撮影(2016年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[モスクワ 14日 ロイター] - ロシア政府は、プーチン大統領とトランプ次期米大統領が14日に電話で会談し、「国際テロリズムや過激派との戦いなどにおいて建設的な協力関係」の構築を目指すことで合意したと明らかにした。

ロシア政府の声明によると、トランプ氏の大統領選勝利後初めてとなる電話会談で、両氏は特に通商・経済分野の発展を通じて両国関係の強固な基盤を築くことの重要性を確認した。

声明はまた、両国は実務主義的かつ相互に利益をもたらす協力関係に戻るべきで、それが世界の安定と安全にもつながるとした。

トランプ陣営も声明で、プーチン大統領から祝意を伝える電話があったと発表。トランプ氏はプーチン氏に対し、ロシアとの強力かつ持続的な関係を望むと伝えたという。

声明によると、両氏は今後電話での協議を続け、対談の機会を探る。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up